DNA鑑定は親子の証

最近テレビなどで何かと聞くようになった親子DNA鑑定とはいったいどんなものなのでしょうか。親子DNA鑑定は、マイクロサテライトマーカーによる識別法が主として用いられます。

そして最近のDNA鑑定の主流はPCR法によるSTR型検査というものです。その精度は高く、何と10億分の1グラムのDNA資料量から鑑定が出来る程です。ですから、毛髪・爪・体液・指紋・服の内側についた皮膚などからも鑑定が可能です。

たとえば、飲みかけのジュースのストローについた唾液からも判断が可能なのです。ではどのような方法で鑑定するかですが、簡単に言うと以下の通りです。

「遺伝子座」に見られる「DNAの反復数」というのは人によって違い、この反復数を人は「生物学的父親」と「生物学的母親」から確実に引き継ぎます。

その確実に親から引き継ぐという「DNAの反復数」の違いを比較する事によって、親子関係の識別をするという方法なのです。この最もポピュラーな方法は、他の方法に比べて安価で検査時間が短いので、重宝されています。

また、現在では、キット化された試薬と自動化された解析装置で、安定的に解析出来るようになっています。

以前は血液型などで判断されていた親子鑑定ですが、現在では科学技術の進化によって、ほぼ100%の確率で判断が可能になってきているのです。

家族の絆はスポーツ観戦

テレビの周りにみんなを集めサッカー観戦!今の時期はどこの家庭も仲良く代表チームを応援してるよ!見たい試合を見るなら携帯やパソコンから見れる動画配信サイトがおすすめです! サッカー 動画